総量規制の知りたい疑問

現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。ところが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。さらに、総量規制から除外される貸金業とは別の銀行からの借金などによって、いつの間にやら年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も珍しいことではないでしょう。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、できるだけ早いうちに借金の整理も視野に入れていくべきでしょう。立とえ任意整理を行っても、そんなにデメリットなどないと勘ちがいされがちですが、実際にはちゃんとあるのを承知していますでしょうか。 それは、官報に載ってしまうということです。

つまり、他人に知られてしまう可能性があるということになります。これが任意整理のもっとも大きなデメリットだといったことになるのかも知れません。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、本人以外の身内が不利益を被ることはないです。家族名義の財産が没収されたり、今後、金融機関などでお金を用意してもらうことができなくなることは、まずないでしょう。

ですが、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう所以にはいかないでしょう。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、家族が苦しい思いをすることになります。人生はいつでも再出発の機会があります。
債務を整理をするのにその人が何歳であっても変わりません。債務整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組向ことができなくなるだけで、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は平均的に暮らすことができます。年配の方であっても5年待てば元と同じ状態に戻れますから、悩みの種が借金だという方は何よりもまずお金の借入の整理で次の一歩を踏み出しましょう。 借金が返せない